英語脳の作り方

英語学習初期段階では、英語を聞いた時、頭の中で日本語に訳して、日本語として理解する事が多いと思います。

同様に、英語を話そうとする時、一旦日本語で言いたい事を考えて、それを英訳して話す、という事が多いでしょう。

そうではなく、日本語を介さずに、英語英語のまま理解する、最初から英語で考える、という習慣を「英語脳」と呼んでいます。


英語脳」の作り方については、「頭の回転が50倍速くなる脳の作り方~「クリティカルエイジ」を克服する加速勉強法~」という本に書かれていますが、この本に書かれている英語脳の作り方を、普通の生活をしている人が実践するのは無理だと思います。
また、私にはよく理解できない部分も多々ありました。

ただ、「英語脳は日本語脳の上に作るのではなく、日本語脳とは別に作らなければならない」というのはその通りだと思います。

英語学習する時には、日本語を一切使わずに(教材に日本語を使わないだけでなく、頭の中でも日本語を使わない)英語だけで学習するのが理想的です。

初めの内は難しいかも知れませんが、日本語を介さずに、英語英語のまま理解する、話す内容を初めから英語で考える訓練をする事は大切だと思います。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。