通訳の訓練法 シャドーイング

リピーティングは、相手の言葉が終わってから自分で繰り返す学習法でした。

それに対してシャドーイングは、相手が英語を喋るそばから、影のように追いかけて発音する学習法です。


シャドーイングは、通訳の方がよく行う学習法です。

リピーティングでは相手の言葉が終わってから繰り返すので、ネイティブとの多少のイントネーションやリズムの違いに気づかない事があります。

それに対してシャドーイングは、ネイティブの英語とほぼ同時に発音するので、微妙なイントネーションやリズムの違いがとてもわかりやすくなります。

シャドーイングを繰り返す事によって、あなたの英語の発音・英会話能力はますます磨き上げられる事でしょう。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。