英文法と英単語について

英語の学習における文法と単語の重要性は、人によって意見が分かれる所だと思います。

「文法なんて必要ない。外人は文法なんて習わなくても使えてるじゃないか。僕らだって、日本語の文法を知ってるとは言えないけど、自然に使えるじゃないか。」
という人もいます。

ごもっともなのですが・・・、


色んな考え方があるとは思いますが、私としては、やはり最低限の文法は知っておいた方がいいと思います。

文法を知らないせいで、まったく意味が変わって伝わる事もありますからね。

どのレベルまで文法を学習するかは、どのレベルまで英語を使えるようになりたいか、によって違うと思いますが、日常英会話程度なら、中学〜高校前半くらいまでの文法で十分だと思います。

英単語についても、「知らなくても意味は類推できる」という方もいますが、私の経験から言えば、できるだけ多く知っておいた方がいいと思います。

ヒアリングの初期段階では、知らない単語が出てくると聞き取れませんから。

○○ってどういう意味?と聞き返そうにも、○○が何と言っているのか聞き取れないので困ってしまいます。

それに、単語さえ並べれば、実際にネイティブの方と喋っても意外と通じますから、単語はできるだけ多く知るように、毎日少しずつでも単語を覚えていきましょう。

英語でテレビを見たり英語のホームページを読んだりしていて、わからない単語が出てきたら、調べて覚える習慣をつけましょう。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。