英語を使えるようになるとどんないい事があるか?

中学・高校、そして大学でも英語学習したけど、英語は使えない、だけど英語を使えるようにマスターしたい、と考えている方は多いと思います。

英語なんて使えなくてもいい、と考えている方もいらっしゃると思いますが、英語を使えるようになる事には次のような利点があります。


まず、コミュニケーションできる相手の数が圧倒的に増えます。

Wikipediaによると、英語を第一言語としている人の数は3億8千万人程度だそうです(意外と少ないですね)が、第二言語としている人は約6億人、他に外国語として英語を学ぶ国も多く、世界最大の使用人口を誇る言語である事は間違いありません。

ブログやホームページも、英語で作成すれば世界中のあるゆる人々に読まれる可能性がでてきます。

インターネットはせっかく世界を結んでいるのだから、英語マスターして、英語でブログやホームページを作って世界中に情報を発信してみたいと思いませんか?


それから、本当に英語を使える(=日本語を使わずに英語で考える)ようになると、日本語を使う時とは違う人格が生まれる、という体験もすると思います。

「自分探し」というものが流行っていますが、自分とは探すものではなく、作るものだと私は思います。

英語を使う新しい自分を作ってみたいと思いませんか?


このように、英語マスターして使えるようになる事により、コミュニケーションの相手と自分の両方が広がり、結果的に世界が大きく広がる事になります。

もちろん、ビジネス上有利だとか、そういう利点もあるでしょうが、「世界が広がる」、これが英語を使えるようになる最大の利点だと思います。

このサイトでは、英語マスターするための学習法を紹介していきます。

英語マスターして世界を広げましょう!



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。