子どもの英語学習

子どもの頃から英語学習する(させる)ことについては、賛否両論、意見が分かれる所です。

英語教育を小学校から始める必要があるか否か、と言った問題では、多くの人が色んな考え方を持っているのがよくわかります。

私の考えでは、子どもの頃に英語教育しないのは、とてももったいないことだと思います。


教育、という言葉を使いましたが、そこまでしっかりと英語を叩き込まなくても、普通に英語が耳から入ってくる、英語に触れる、という環境を作るだけでも、子どもにとっては大変英語に親しむことができます。

そして子どもは、大人が思うよりずっと簡単に英語を吸収してしまいます。

英語を教育するために学校や英語スクールに通わせなくても、英語に慣れさせるために家で英語のDVDを見る、英語の歌を歌う、英語のゲームをする、など、遊び感覚で英語に親しませてあげるだけでも、子どもの将来にとっては大きな財産になるでしょう。

もちろん日本語は大切ですので、日本語を中心に、1日の内のわずかな時間だけを英語に親しむ、それだけで子どもにとっては十分です。

英語を聞き取れる英語耳や、英語の発音のベースがこの時期にできるでしょう。

小さい内から英語を学習させるのはかわいそう、もっと楽しく遊ばせてあげたい、と思うかも知れません。

それなら、本当に楽しく遊びながら英語に親しめるようによく研究された教材も多数ありますので、それらを使って遊びながら英語に慣れていくとよいと思います。

子どもの頃から早めに英語を学習しておくと、将来少ない努力で英語をマスターできる可能性が高まります。


子どもの英語情報


<スポンサードリンク>



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。